-

5,800円 (税込)
以上で送料無料

サポート

製品 Q&A : 筆まめ人名外字4

Question

ATOK 2015、ATOK 2016をご利用の場合

文書番号 4108 | 更新日 2016年 9月 2日

Answer

ATOK 2015、ATOK 2016を利用して外字入力を行う際、ご利用されるソフト・アプリケーションによって、下記の現象が発生する場合があることを確認しております。
※弊社各製品「筆まめ」や「パーソナル編集長」では、正常に入力できます。

発生する現象ごとに詳細をご案内しておりますので、下記項目よりご参照ください。

  • 入力した最初の1文字のフォントが「Century」になってしまい外字が表示されない
  • フォントがSimSunになってしまい"・"と表示される
  • 人名外字が全く入力できない

  • 参考

    あらかじめ、ATOKに外字辞書を組み込む必要があります。
    まだ組み込んでいない場合は、「外字辞書を日本語入力システムに組み込む〜ATOKをご利用の場合」をご参照いただき操作を行ってください。


    1入力した最初の1文字のフォントが「Century」になってしまい外字が表示されない

    MS-Word2007、2010、2013で外字を入力した際、1文字目が「Century」フォントへ自動で変更される場合があります。
    ※Outlook、Excel、Access、PowerPoint、OneNoteでは、問題なく表示できます。

    次のいずれかの設定を行ってください。

    1

    設定1.「Century」フォントに変更された文字フォントを変更する

    各ソフト・アプリ上で入力した文字のフォントを「人名外字4」で設定しているフォント(「MS明朝体」、「MSゴシック体」、「楷書体」、「流麗行書体」、「晶輝ゴシック体」のいずれか)に変更してご利用ください。

    ページの先頭へ戻る


    2

    設定2.MS-Wordの設定を変更する
    下記手順を行っていただくことで、外字を表示することができます。

    1.[ホームタブ]をクリックし(1)[フォントプロパティ]を開きます(2)


    2.[フォントプロパティ]画面が開きますので、[英数字用]のフォントを「MSゴシック」などの人名外字で設定しているフォントへ変更し(1)[規定にに設定]ボタンをクリックします。(2)


    3-1.MS-Word2007をご利用の方は、上記[規定にに設定]ボタンをクリック後、確認が画面が表示されます。[OK]または[はい]ボタンをクリックします。

    3-2.MS-Word2013/2010をご利用の方は、下記画面が表示されます。
    [Normal.dotm テンプレートを使用したすべての文書]にチェックを付け(1)[OK]ボタンをクリックします(2)


    4.上記設定後、外字を入力してご利用ください。

    ページの先頭へ戻る


    2フォントがSimSunになってしまい"・"と表示される

    ワードパッドで外字を入力した際、Unicode上のE770〜E7FEの文字を表示しようとするとフォントがSimSunになってしまい"・"表示される場合があります。

    次の設定を行ってください。

    1

    回避策.「SimSun」フォントに変更された文字フォントを変更する

    各ソフト・アプリ上で入力した文字のフォントを「人名外字4」で設定しているフォント(「MS明朝体」、「MSゴシック体」、「楷書体」、「流麗行書体」、「晶輝ゴシック体」のいずれか)に変更してご利用ください。

    ページの先頭へ戻る


    3人名外字が全く入力できない

    大変申し訳ございませんが「Microsoft Publisher」上では、「人名外4」に収録・設定された外字を表示することができません。他のソフトまたはアプリをご利用ください。

    参照

    ページトップへ

    SP版を表示

    PC版を表示