カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら

ホーム >サポート>筆まめVer.27>「筆まめVer.27」製品Q&A一覧

「筆まめVer.27」製品Q&A

 

Q:筆ぐるめの住所録を開く方法

A:筆ぐるめで作成した住所録は、筆まめの住所録に変換して使用することができます。
変換方法は、お使いの筆ぐるめのバージョンによって異なります。下記より該当するバージョンを選択して変換を行ってください。

 

1「筆ぐるめ Ver.13~23」で作成した住所録

一度、ファイル形式を筆ぐるめ側で変更する必要があります。下記手順にて操作を行ってください。

1

筆ぐるめ」を起動し、筆まめで読み込みたい住所録を開きます。

2

ツールバーの「住所録」をクリックし、「保存」-「別形式保存」をクリックします。
筆ぐるめー住所録データの別形式保存」画面が表示されますので、「J アドレス形式」をクリックし、「OK」 をクリックします。

3

J アドレスファイルの選択」画面が表示されます。
出力する「J アドレスファイル」の名前を入力して、「保存」をクリックします。
J アドレスファイルの出力が完了したら、「筆ぐるめ」を終了します。

4

続けて、筆まめを起動します。
オープニングメニューの[宛名面を作る]タブをクリックし(1)、[他形式の住所録を開く]をクリックします。(2)

[オープニングメニュー]より[他形式の住所録を開く]をクリックします。

5

[筆ぐるめの住所録]をクリックします。

「筆ぐるめの住所録」をクリックします。

6

「他の住所録形式の読み込み」画面が表示されます。[次へ]をクリックします。

他の住所録形式の読み込み」画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

参考

「筆ぐるめ」で作成した住所録の中に、「外字」を設定している場合、筆まめへ読み込む際には【略字】で取り込まれます。([閉じる]をクリックします)

「閉じる」をクリックします。

7

「他の住所録形式の読み込み」画面が表示されます。先ほどJADDRESSファイルへ変換した筆ぐるめの住所録の保存場所を開きます。(1)該当の住所録を選択して(2)、[開く]をクリックします。(3)

該当の住所録を選択して、「開く」をクリックします

8

画面の内容を確認し、[開始]をクリックします。

画面の内容を確認し、「開始」をクリックします。

9

筆まめ形式で取り込みが完了します。
[保存]をクリックし、住所録に名前を付けて保存します。

2「筆ぐるめVer.5~12」で作成した住所録

ファイルを指定し、そのまま変換することができます。

1

オープニングメニューより[宛名面を作る]タブをクリックします。(1)[
他形式の住所録を開く
]をクリックします。(2)

「オープニングメニュー」より「他形式の住所録を開く」をクリックします。

2

読み込み方法を選択します。[他の形式の住所録]をクリックします。

「他の形式の住所録」をクリックします。

3

「他の住所録形式の読み込み」画面が表示されます。
[筆ぐるめ形式ファイル(*.atd、*fga) 筆ぐるめVer5,Ver6~12]をクリックします。

「筆ぐるめ形式ファイル(*.atd、*fga) 筆ぐるめVer5,Ver6~12」をクリックします。

4

筆ぐるめの住所録の保存場所を開きます。(1)該当の住所録を選択して(2)、[開く]をクリックします。(3)

筆ぐるめの住所録の保存場所を開きます。該当の住所録を選択して、「開く」をクリックします。

5

画面の内容を確認し、[開始]をクリックします。

画面の内容を確認し、「開始」をクリックします。

6

筆まめ形式で取り込みが完了します。
[保存]をクリックし、住所録に名前を付けて保存します。

参照

製品付属のガイドブックに掲載があります。

  • 筆まめ操作ガイド P.34 「 他社ソフトの住所録を筆まめで使えるようにする 」

以下の Q&A も併せてご参照ください。

Q&Aで解決できないときは

詳しい人に相談!筆まめコミュニティ