-

5,800円 (税込)
以上で送料無料

サポート

製品 Q&A : 筆まめ Ver.21

このページを印刷する

Question

2つの住所録ファイルを1つにまとめるには?

文書番号 210504 | 更新日 2010年 9月 3日

Answer

複数の住所録ファイルは 「住所録ファイルの連結」 という機能で1つのファイルにまとめることができます。
ここでは、 「住所録A.fwa」に「住所録B.fwa」を付け加える (連結する) 操作をご案内します。

住所録ファイルの連結

1

筆まめを起動し、元となる住所録ファイル(例:住所録A.fwa)を開きます。
画面上部のメニューバーより [ファイル] - [住所録ファイルの連結] をクリックします。

 筆まめを起動し、元となる住所録ファイル(例:住所録A.fwa)を開きます。 画面上部のメニューバーより [ファイル] - [住所録ファイルの連結] をクリックします。

ページの先頭へ戻る


2

住所録ファイルの連結]画面が表示されますので、[筆まめ住所録形式ファイル(*.fwa,*.fba)]をクリックします。

[住所録ファイルの連結]画面が表示されますので、「筆まめ住所録形式ファイル(*.fwa,*.fba)」をクリックします。

ページの先頭へ戻る


3

住所録ファイルの連結-筆まめ住所録形式ファイル]画面が別ウィンドウで表示されます。
連結したい住所録(例:住所録B.fwa)をクリックし(1)、 [開く] ボタンをクリックします(2)

連結したい住所録(例:住所録B.fwa)をクリックし [開く] ボタンをクリックします。

ページの先頭へ戻る


4

読み込み]画面が表示されますので、[開始]ボタンをクリックします。
※データの件数が多い場合や、[読み込み]画面で[郵便番号の自動変換]にチェックをしている場合は時間がかかります。

[読み込み]画面が表示されますので、[開始]ボタンをクリックします。

ページの先頭へ戻る


5

連結された状態でカードウィンドウが表示されます。
カード枚数を確認し、元となる住所録(例:住所録A.fwa)に上書きする場合は、カードウィンドウの[保存]をクリックします。
別のファイルとして新しく保存する場合は、メニューバーより[ファイル]-[名前を付けて保存]をクリックします。

連結された状態でカードウィンドウに常時されます。カード枚数を確認し、元となる住所録(例:住所録A.fwa)に上書きする場合は、カードウィンドウの[保存]をクリックします。 別のファイルとして新しく保存する場合は、メニューバーより[ファイル]-[名前を付けて保存]をクリックします。

以上の操作で、2つの住所録をひとつにまとめることができます。

ページの先頭へ戻る

参照

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示