カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら

ホーム>筆まめでぃあ>年賀状の作成、あなたはどっち派!?>[第2回]年賀状の印刷は自宅でプリンタ? それともネットで注文? シェアツイート

年賀状の作成、あなたはどっち派!?

[第2回]
年賀状の印刷は自宅でプリンタ?
それともネットで注文?

年賀状の印刷は、自宅のインクジェットプリンタでという方が多数派のことと思うが、年賀状作成ソフト『筆まめ』、そしてスマホアプリ『Web筆まめ』(iOSAndroid対応)では、ネットから印刷を注文できる『筆まめネットプリント』サービスも用意されていることはご存じだろうか? 今回は『筆まめネットプリント』を例に、ネットプリントの利点を検証してみる。

はがきの購入から印刷、投函までネットプリントならすべておまかせ!

前回、パソコンソフトの『筆まめ』とスマホアプリの『Web筆まめ』を比較したが、作成した年賀状の印刷には、自宅のインクジェットプリンタだけでなく、ネットプリントという選択肢も用意されている。ネットプリントとは、ネットを通じて印刷を頼めるサービスのこと。ポイントは印刷だけではなく、はがきの購入も投函も、“すべておまかせ!” できることだ。

自宅でプリントすれば、キャラクター年賀など好みの年賀はがきが使えたり、印刷したあとにメッセージを添えたり、こだわった年賀状を作ることができるのがメリットだが、反面、ミスプリントではがきやインクが足りなくなったり……。ネットプリントの場合、利用できるはがきは無地のお年玉年賀はがきに限られるが、印刷は印刷会社まかせなのでミスすることもなく安心、確実に必要な枚数を必要なだけ頼むことができる。

  プリンタ ネットプリント
出力場所 プリンタ設置場所
いつも使っているプリンタで好きな時に出力できる。
注文はどこからでも!
ネット環境されあればどこからでも注文可能。インク切れの心配もなし。
はがき 好みのものを利用できる
市販されている好きなはがきを用いることができる。
はがきの購入が不要
利用できるのはお年玉年賀はがき(無地、1枚52円)のみだが、はがきの用意は不要。
印刷品質 色再現性に優れる多色インク
近年、6色インクなど多色インクを搭載し、色再現性がますます進化。
高品質オンデマンド印刷
大手印刷会社によるフルカラーオンデマンド印刷なので、高品質な仕上がりに。
出力時間 約13〜18秒/1枚(L判写真)
インクジェットプリンタの主要機種のL判写真1枚あたりの出力時間。
3営業日後に発送
13時までの注文で、土日祝を除く3営業日後に発送(『筆まめネットプリント』の場合)※1
価格 約61〜63円/1枚
キヤノン PIXUSの「年賀状印刷コスト」※2 を参考に、無地のインクジェットはがき(52円)を使用した場合。
130円/1枚
1枚から注文でき、はがき代、印刷代(宛名面・デザイン面)、投函代行込み(『筆まめネットプリント』の場合)※3

※1 2016年12月21日(水)〜2017年1月4日(水)の期間中は2営業日後に発送(配送は日本郵便の「ゆうパック」あるいは「レターパック」を利用)。

※2 http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/cost-speed-nenga/index.html

※3 自宅・会社への配送希望の場合は、別途費用がかかります。

  プリンタ ネットプリント
出力場所 プリンタ設置場所
いつも使っているプリンタで好きな時に出力できる。
注文はどこからでも!
ネット環境されあればどこからでも注文可能。インク切れの心配もなし。
はがき 好みのものを利用できる
市販されている好きなはがきを用いることができる。
はがきの購入が不要
利用できるのはお年玉年賀はがき(無地、1枚52円)のみだが、はがきの用意は不要。
印刷品質 色再現性に優れる多色インク
近年、6色インクなど多色インクを搭載し、色再現性がますます進化。
高品質オンデマンド印刷
大手印刷会社によるフルカラーオンデマンド印刷なので、高品質な仕上がりに。
出力時間 約13〜18秒/1枚(L判写真)
インクジェットプリンタの主要機種のL判写真1枚あたりの出力時間。
3営業日後に発送
13時までの注文で、土日祝を除く3営業日後に発送(『筆まめネットプリント』の場合)※1
価格 約61〜63円/1枚
キヤノン PIXUSの「年賀状印刷コスト」※2 を参考に、無地のインクジェットはがき(52円)を使用した場合。
130円/1枚
1枚から注文でき、はがき代、印刷代(宛名面・デザイン面)、投函代行込み(『筆まめネットプリント』の場合)※3

※1 2016年12月21日(水)〜2017年1月4日(水)の期間中は2営業日後に発送(配送は日本郵便の「ゆうパック」あるいは「レターパック」を利用)。

※2 http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/cost-speed-nenga/index.html

※3 自宅・会社への配送希望の場合は、別途費用がかかります。

ネットプリントの場合も、別途自宅などへの配送費用はかかるが投函は自分ですることもでき、その場合は手書きメッセージを添えたりすることも可能だ。ただし、配送には時間がかかるため、そこはプリンタを使用する場合のように、印刷したその場で仕上げていくということはできないので、余裕を持って注文する必要がある。さて、プリンタを使ってこだわりの一枚を仕上げるか、ネットプリントの安心・確実・高品質を取るか、あなたはどっち?

イラスト/ヒロ・コジマ 文/クエストルーム

イラスト/ヒロ・コジマ
文/クエストルーム

筆まめ最新版を購入する

バックナンバー

[第1回]年賀状はパソコンソフトで作る? それともスマホアプリで作る?

  • 筆まめ最新版はコチラ
  • おねんがラボ!