-

5,800円 (税込)
以上で送料無料

サポート

製品 Q&A : デジカメde!!ムービーシアター4

Question

フォトムービーを動画ファイルとして保存するには?

文書番号 B040 | 更新日 2013年 3月 15日

Answer

作成したフォトムービーを、パソコンなどで再生可能な動画ファイル(MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、WMV、AVI形式)に変換します。

1

ツールバーの[出力]をクリックします。

[出力]ボタンをクリックします。

ページの先頭へ戻る


2

フォトムービーをクリックし(1)[追加]ボタンをクリックします。(2)
(1)(2)を繰り返し、出力したいフォトムービーをすべて動画作成リストに追加します。
[つぎへ]ボタンをクリックします。(3)

フォトムービーをクリックし、[追加]ボタンをクリックします。[つぎへ]ボタンをクリックします。

ページの先頭へ戻る


3

「出力設定」画面で、出力形式を選択します。

  • 【DVDを作成】
    フォトムービーをDVDプレイヤーで見られるようにする場合に選択します。
  • 【iPhone/iPadで再生】
    フォトムービーをiPhone、iPadで再生できる形式に変換します。
  • 【Androidスマートフォン・タブレットで再生】
    フォトムービーをAndroidスマートフォン、タブレットで再生できる形式に変換します。
  • 【パソコンで再生】
    フォトムービーをパソコンで再生できる形式に変換します。
  • 【アップロード用(YouTube/facebook)】
    YouTube、facebookにアップロードできる形式に変換します。
  • 【MPEG-1】
    フォトムービーをMPEG-1形式に変換します。
  • 【MPEG-2】
    フォトムービーをDVD-Video準拠のMPEG-2形式に変換します。 パソコンでMPEG-2形式の動画を再生するには、DVD再生ソフトなど、MPEG-2が再生できるソフトがインストールされている必要があります。
    本製品で同梱されているソフト以外のDVD-VideoオーサリングソフトでDVDを作成する場合は、MPEG-2形式で作成したファイルをご利用ください。
  • 【MPEG-4】
    フォトムービーをMPEG-4形式に変換します。
  • 【WMV】
    フォトムービーをWMVファイル形式に変換します。
  • 【AVI】
    フォトムービーをAVIファイル形式に変換します。

「出力設定」画面で、出力形式を選択します。

ページの先頭へ戻る


4

選択した出力形式により、次に表示される画面が異なります。
画面で必要な設定をし、[出力開始]ボタンをクリックします。

◎【DVDを作成】を選択した場合
フォトムービーをDVDプレイヤーで再生できるようにするには?」をご参照ください。

◎【MPEG-1】【MPEG-2】【パソコンで再生】を選択した場合

  • 【動画出力先フォルダ】
    動画ファイルを保存するフォルダを指定します。[参照]ボタンをクリックし、保存先のフォルダを選択します。
  • 【出力サイズ】
    4:3標準出力か、16:9ワイド出力かを選択します。解像度[高さ]で出力する動画の解像度を選択します。
    ※解像度[高さ]で720以上を指定すると、動画の出力時間が非常にかかります。
    ※パソコンのメモリを大量に使用するため、できるだけ他のアプリケーションを一緒に動作させないでください。
    ※メモリが不足すると、動画出力中にエラーが発生する場合があります。仮想メモリのサイズを増やしてください。
    仮想メモリの設定方法は、[スタート]メニューの[ヘルプとサポート](もしくはヘルプ)を選択し、[仮想メモリ]で検索してください。
  • 【TV用の補正】
    TV再生用に画像を補正します。必要な項目にチェックを付けます。
  • 【動画フレームレート(fps)】
    動画のフレームレートを指定します。フレームレートが高いほど、滑らかな動画が作成できますが、ファイルサイズは大きくなります。
  • 【音声サンプルレート(kHz)】
    音声のサンプルレートを指定します。サンプルレートが高いほど、滑らかな音声になります。
    フォトムービーにBGMがない場合は無効になります。
  • 【画質設定】
    標準設定:選択した解像度に合わせて、適切なビットレートを設定します。
    ユーザ設定:ビットレートを指定します。値が大きくなるほど、画質が高く、ファイルサイズが大きくなります。
  • 【[戻る]ボタン】
    クリックすると「出力設定」画面に戻り、フォトムービーの出力形式を選択し直すことができます。

【MPEG-1】【MPEG-2】【パソコンで再生】を選択した場合の画面

◎【MPEG-4】【iPhone/iPadで再生】【Androidスマートフォン・タブレットで再生】【アップロード用(YouTube/facebook)】を選択した場合

  • 【動画出力先フォルダ】
    動画ファイルを保存するフォルダを指定します。[参照]ボタンをクリックし、保存先のフォルダを選択します。
  • 【プリセットから選択】
    特定の機種や出力サイズに最適な設定で出力します。
  • 【ユーザ設定】
    出力時の設定を独自に指定できます。
  • 【出力サイズ(ユーザ設定選択時のみ有効)】
    4:3標準出力か、16:9ワイド出力かを選択します。解像度[高さ]で出力する動画の解像度を選択します。
    ※解像度[高さ]で720以上を指定すると、動画の出力時間が非常にかかります。
    ※パソコンのメモリを大量に使用するため、できるだけ他のアプリケーションを一緒に動作させないでください。
    ※メモリが不足すると、動画出力中にエラーが発生する場合があります。仮想メモリのサイズを増やしてください。
    仮想メモリの設定方法は、[スタート]メニューの[ヘルプとサポート](もしくはヘルプ)を選択し、[仮想メモリ]で検索してください。
  • <品質(ユーザ設定選択時のみ有効)>
  • 【動画フレームレート(fps)】
    動画のフレームレートを指定します。フレームレートが高いほど、滑らかな動画が作成できますが、ファイルサイズは大きくなります。
  • 【音声サンプルレート(kHz)】
    音声のサンプルレートを指定します。サンプルレートが高いほど、滑らかな音声になります。
    [データレート]の[オーディオ]で設定している数値に応じて、サポートされているサンプルレートが表示されます。
    サンプルレートが高いほど、滑らかな音声になります。フォトムービーにBGMがない場合は無効になります。
  • 【データレート(kbps)】
    映像および音声のデータレートを指定します。データレートとは、1秒あたりに扱うデータ容量のことです。
    この値が大きいほど画質・音質は高くなりますが、ファイルサイズも大きくなります。
  • 【[戻る]ボタン】
    クリックすると「出力設定」画面に戻り、フォトムービーの出力形式を選択し直すことができます。

【MPEG-4】【iPhone/iPadで再生】【Androidスマートフォン・タブレットで再生】【アップロード用(YouTube/facebook)】を選択した場合の画面

◎【WMV】を選択した場合

  • 【動画出力先フォルダ】
    動画ファイルを保存するフォルダを指定します。[参照]ボタンをクリックし、保存先のフォルダを選択します。
  • 【出力サイズ】
    4:3標準出力か、16:9ワイド出力かを選択します。解像度[高さ]で出力する動画の解像度を選択します。
    ※解像度[高さ]で720以上を指定すると、動画の出力時間が非常にかかります。
    ※パソコンのメモリを大量に使用するため、できるだけ他のアプリケーションを一緒に動作させないでください。
    ※メモリが不足すると、動画出力中にエラーが発生する場合があります。仮想メモリのサイズを増やしてください。
    仮想メモリの設定方法は、[スタート]メニューの[ヘルプとサポート](もしくはヘルプ)を選択し、[仮想メモリ]で検索してください。
  • 【動画フレームレート(fps)】
    動画のフレームレートを指定します。フレームレートが高いほど、滑らかな動画が作成できますが、ファイルサイズは大きくなります。
  • 【画質設定】
    標準設定:選択した解像度に合わせて、適切なビットレートを設定します。
    ユーザ設定:ビットレートを指定します。値が大きくなるほど、画質が高く、ファイルサイズが大きくなります。
  • 【[戻る]ボタン】
    クリックすると「出力設定」画面に戻り、フォトムービーの出力形式を選択し直すことができます。

【WMV】を選択した場合の画面

◎【AVI】を選択した場合

  • 【動画出力先フォルダ】
    動画ファイルを保存するフォルダを指定します。[参照]ボタンをクリックし、保存先のフォルダを選択します。
  • 【出力サイズ】
    4:3標準出力か、16:9ワイド出力かを選択します。解像度[高さ]で出力する動画の解像度を選択します。
    ※解像度[高さ]で720以上を指定すると、動画の出力時間が非常にかかります。
    ※パソコンのメモリを大量に使用するため、できるだけ他のアプリケーションを一緒に動作させないでください。
    ※メモリが不足すると、動画出力中にエラーが発生する場合があります。仮想メモリのサイズを増やしてください。
    仮想メモリの設定方法は、[スタート]メニューの[ヘルプとサポート](もしくはヘルプ)を選択し、[仮想メモリ]で検索してください。
  • 【動画フレームレート(fps)】
    動画のフレームレートを指定します。フレームレートが高いほど、滑らかな動画が作成できますが、ファイルサイズは大きくなります。
  • 【音声サンプルレート(kHz)】
    音声のサンプルレートを指定します。サンプルレートが高いほど、滑らかな音声になります。
    フォトムービーにBGMがない場合は無効になります。
  • 【ビデオCODEC】
    ビデオCODECを選択します。PCにインストールされているビデオCODECが表示されます。
    ビデオCODECがない場合は無効になります。
  • 【オーディオCODEC】
    オーディオCODECを選択します。PCにインストールされているオーディオCODECが表示されます。
    フォトムービーにBGMがない場合、またはオーディオCODECがない場合は無効になります。
    ※[ビデオCODEC]と[オーディオCODEC]には、お使いのPCにインストールされているCODECがすべて列挙されます。
    選択されたCODECの中には、AVI形式で出力できないものもあります。
  • 【[戻る]ボタン】
    クリックすると「出力設定」画面に戻り、フォトムービーの出力形式を選択し直すことができます。

【AVI】を選択した場合の画面

ページの先頭へ戻る


5

動画ファイルの作成が行われます。
完了すると「動画出力完了」画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

参照

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示