カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら


 
   
カレンダーを作るには?
  文書番号:fm15012
  更新日:2005/01/21

「 カレンダー作成ウィザード 」を利用して、簡単にカレンダーを作成することができます。


操作手順
1. 筆まめを起動します。起動時に「 オープニングメニュー 」 が表示されたら、「 文面デザイン作成 」欄から「 自由にデザイン 」をクリックします。
( オープニングメニューが表示されない場合は、[ ファイル ] - [ 新規作成 ] をクリックします。 )
 
2.

新しい文面ファイルが開くので、[ ツール ] - [ カレンダー ] をクリックします。

 
3. 文面ウィンドウ上にカレンダーの領域枠が表示されるので、領域枠の大きさを変更します。
マウスを [ ■ ] (ハンドル)の上に合わせると、マウスポインタが のいずれかの形に変わるので、そのまままの状態で領域枠をドラッグし、拡大・縮小します。
 
4. 文面ウィンドウの領域枠内で右クリックし、[ カレンダーを貼り付け ] をクリックします。
 
5. 「 カレンダーウィザード - [ レイアウト ] 」画面が表示されます。
 
 
  • [ 標準型 ] [ 縦型 ] [ 横型 ] [ 曜日型 ] の中から使用したい型のタイプをクリックします。
  • 一覧から使用したいデザインをクリックし選択します。
  • [ 次へ ] ボタンをクリックします。
6. 「 カレンダーウィザード - [ 表示年月 ] 」画面が表示されます。
 
 
  • カレンダーの年・月・月数を設定します。
  • 表示月数を2ヶ月以上に設定すると、[ 複数の月表示の設定 ] 欄で表示の設定をします。
  • 画面右側のプレビューで表示を確認してから [ 次へ ] ボタンをクリックします。
7. 「 カレンダーウィザード - [ 年月の設定 ] 」画面が表示されるので、内容を設定し [ 次へ ] ボタンをクリックします。
8. 「 カレンダーウィザード - [ 曜日の設定 ] 」画面が表示されるので、内容を設定し [ 次へ ] ボタンをクリックします。
9. 「 カレンダーウィザード - [ イベントの設定 ] 」画面が表示されるので、内容を設定し [ 完了 ] ボタンをクリックします。
10. 「 筆まめカレンダー 」画面が表示されたら、[ ファイル ] - [ 終了して**に戻る ] をクリックします。( ** は文面ファイル名 )
 
11. 「 更新しますか? 」という確認メッセージが表示されたら、[ はい ] をクリックします。
12. 文面ウィンドウに戻り、カレンダーが貼り付きます。
  以上で、カレンダーの出来上がりです!
 
★ 参考
文面に貼り付けたカレンダーを編集する場合は、貼り付けたカレンダーをダブルクリックしてください。筆まめカレンダーが起動し編集できるようになります。

   

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示