カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら


 
   
タック紙を作るには?〜差出人用〜
  文書番号:fm15004
  更新日:2005/02/15

筆まめでは、差出人のデータを使用して自分用のタックシールを作ることができます。

ここでは、差出人データを使用して、1枚のタックシールのすべてのラベルに、自分の住所や氏名を印刷する方法をご案内します。

 
★ 参考
住所録データを使って相手先用のタックシールを作る場合は手順が異なりますので、「タック紙を作るには?〜相手先用〜」を参照してください。

操作手順
 タック紙用の宛名レイアウトを選択します
1. 筆まめを起動します。起動時に「 オープニングメニュー 」 が表示されたら、「 宛名作成 」欄から「 宛名面の作成 」をクリックします。
( オープニングメニューが表示されない場合は、筆まめの画面左側のガイドメニューから[ 宛名作成 ] - [ 宛名面の作成 ] をクリックします。 )
 
2.

「 ジャンル選択 」画面が表示されるので、「 タック紙 」をクリックします。

 
3. 「 レイアウト選択 」画面が表示されるので、画面右側から使用するタック紙のメーカー名と型番をクリックします。
※下の画像は例として、<エーワン10面28367>を選択しています。
「 種別 」欄で、「 差出 」をクリックします。
 
4. [ 次へ ]ボタンをクリックします。
5. 「 完了 」画面で、「 完了 」ボタンをクリックします。
 
 宛名の位置やサイズを調整、編集します
1. 住所録を開くと、タック紙の1つのラベル分のレイアウトが表示されている宛名ウィンドウが表示されます。文字などの表示を確認してください。 文字の位置・サイズや、宛名フォントを変更することができます。
 
★ 参照
宛名のフォントを変更する場合は、以下のQ&Aを参照してください。
宛名のフォントを変更するには? 」参照。
 
 タック紙を印刷します
  宛名の編集、調整が終わったら、はがきに印刷しましょう。
1. [ ファイル ] - [ 印刷 ] をクリックします。
 
2. 「 印刷範囲の設定 」画面が表示されます。
  ここで、タック紙に差出人のデータを何部印刷するか設定します。
 
 
  • 「 印刷部数 」の をクリックし、印刷したい部数を設定します。

    たとえば、1枚10面のラベルに同じ差出人データを10枚印刷するとします。
    「 印刷部数 」を「 10 」にしてください。
    印刷プレビューで確認すると、以下のように表示されます。
 
  • [ 次へ ]ボタンをクリックします。
  • 「 出・受記録の設定 」画面が表示されます。
  • [ 印刷 ]ボタンをクリックし、印刷を行ってください。
  以上で、差出人用のタック紙の出来上がりです!
住所録データを使って相手先用のタック紙を作成する場合は、以下のQ&Aをご参照ください。
★ 参照
以下のQ&Aを参照してください。
タック紙を作るには?〜相手先用〜

   

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示