カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら



 

往復はがきの文面を作成するには?

  文書番号:H13201
 

更新日:2003/07/29


往復はがきの文面は、以下の2通りの方法で作成していただけます。

  • これから文面を作成する場合は、「●< 往復はがきのレイアウトに直接文字を入力して作成する場合 >」を参照してください。
  • すでに作成している文面を使用したい場合は、「●< すでに作成済みの文面ファイルを往復はがきに貼り付ける場合 >」を参照してください。
    往復はがきを保存する場合は、「●< 作成した往復はがきを保存する方法 >」 参照。
 

●< 往復はがきのレイアウトに直接文字を入力して作成する場合 >

1. 筆まめを起動し、往復はがきを印刷したい住所録ファイルを開きます。
2. [ 宛名 ] - [ 宛名レイアウトの選択 ] をクリックします。
3. [ 宛名レイアウトの選択 ] ダイアログボックスが表示されます。
 

1. [ 用//紙レイアウト ] 欄で [ はがき ] をクリックします。
2. 「 往復葉書:往信 」 または 「 往復葉書:返信 」 をクリックします。
3. [ 方向 ] で [ 縦書 ] [ 横書 ] [ 横置 ] のいずれかをクリックします。
4. [ 決定 ] ボタンをクリックします。

4. [ ウィンドウ ] - [ 宛名ウィンドウへ ] をクリックします。
5. [ ツール ] - [ 文章 ] をクリックします。
6.

■ (ハンドル) で囲まれた文章枠と [ 文字属性 ] ダイアログボックスが表示されます。

7. 貼り付いた文章枠を移動したり、枠サイズを調整します。
マウスポインタの形状がのときのドラッグで移動ができます。
マウスポインタの形状がのときのドラッグで拡大・縮小ができます。
8. [ 文字属性 ] ダイアログ ボックスでフォントの種類やサイズなどを設定し、文章枠内に文章を入力します
9. 文章入力後、文章枠の外側をクリックし確定します。
 

●< すでに作成済みの文面ファイルを往復はがきに貼り付ける場合 >
1. 上記< 往復はがきのレイアウトに直接文字を入力して作成する場合 >の操作手順1.〜4.を行います。
2. [ ファイル ] - [ イラスト・写真画像の取り込み ]をクリックします。
3. 「 イメージファイルブラウザ6 」が起動します。
4. 画面左下のドライブビューで、往復はがきに使用したい文面ファイルの保存先フォルダをクリックします。
※(標準の保存先は筆まめフォルダになります。筆まめフォルダ内の文面ファイルを表示させる場合は、[ マイドキュメント ]の左側にある「+」を 1 回クリックして「-」にします。[ 筆まめ ]フォルダをクリックします。
5. 画面右側に作成済みの文面ファイルが表示されます。文面ファイルを往復はがきの用紙上にドラッグして貼り付けます。
 
  ※なお、お使いのパソコン環境により、画面が多少異なります。
 

●< 作成した往復はがきを保存する方法 >
1. [ 宛名 ] - [ 宛名レイアウトの登録 ] をクリックします。
2. [ 宛名レイアウトの登録 ] ダイアログボックスが表示されます。
2. 画面右下の[ 登録 ]ボタンをクリックします。
2. 「宛名レイアウト名を入力または選択してください」欄で、任意の宛名レイアウト名を入力し[ OK ]ボタンをクリックします。

保存した往復はがきを呼び出すには、以下の操作を行います。
●< 作成した往復はがきを呼び出す方法 >
1. [ 宛名 ] - [ 宛名レイアウトの選択 ] をクリックします。
2. [ 宛名レイアウトの選択 ] ダイアログボックスが表示されます。
2. [用紙レイアウ ト]の中から「 ユーザー 」をクリックします。
2. [ユーザー]の下に登録した往復葉書が表示されます。こちらを選択し、[ 決定 ] ボタンをクリックします。
   

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示