カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら


 
「Excelで宛名印刷」を使うと何ができるの?
  文書番号:xl004
  更新日:2004/03/01

「 Excelで宛名印刷 」をご使用いただくと、「 筆まめ 」を起動しなくても、 「 Microsoft Excel 」上から直接「 筆まめ 」の宛名印刷機能を使用して、宛名印刷ができます。

 

対応している「 Microsoft Excel 」のバージョンは、「 Microsoft office 2000 / XP / 2003 、または、Microsoft Excel 2000 / 2002 / 2003 」になります。

「 Excelで宛名印刷 」をご利用いただくには、対応しているバージョンの筆まめがインストールされている必要があります。対応バージョンについてはこちら
 

「 Excelで宛名印刷 」でできること
 
  「 Microsoft Excel 」から直接、宛名を印刷できます。
   
    「 Microsoft Excel 」で作成した「 *.xls 」ファイル形式の住所録を、「 筆まめ 」の宛名印刷機能を使用して簡単に宛名印刷できます。
   
差出人データは、筆まめで使用している「 標準の差出人 」が表示されます。
差出人を変更したい場合は、いったん「 Microsoft Excel 」を終了してから、筆まめを起動し、表示したい差出人を登録して標準の差出人に設定してください。
 
  約800種類の印刷用紙に対応!
   
    「 筆まめ 」と同じように、「 はがき / 封筒 / タック紙 / 名刺 」などの用紙が利用可能です。
 
  項目の割り当てができます。
   
    「 Microsoft Excel 」で作成した「 *.xls 」ファイル形式の住所録の各項目は、宛名に自動的に割り当てられます。
    項目の割り当ては、手動で調整することも可能です。
 
「 Excelで宛名印刷 」製品紹介ページはこちら
 
 
  

(C) Copyright 筆まめネット 2000-2004 All rights reserved.

ページトップへ

SP版を表示

PC版を表示