-

5,800円 (税込)
以上で送料無料

パーソナル編集長Ver.12

閉じる

かんたん・便利な機能

使いやすい操作画面

使いたい機能を呼び出しやすいユーザインタフェースを搭載。ボタンや機能名が大きく表示されているので、操作がかんたんです。また、モニタを十分に使って編集画面を表示するので、作業が効率的に行えます。

使いやすい操作画面

記事・写真に対してコメントを挿入できる

コラム枠やイメージ枠などに対してコメントを挿入できます。複数のメンバーでのやり取りや、作成中の記事内容の補足や修正依頼、写真変更の提案やデザインの相談、発行後に振り返りをしたときの内容を記入したりと、様々な用途に使うことができます。

記事・写真に対してコメントを挿入できる

文法的な誤りや読みにくい文章をチェック「文章校正支援ツール」

「ら」抜き言葉や「さ」入れ言葉などの文法的な誤り、二重敬語・二重否定などの言い回し、読点がない、修飾語が重なっているなどで読みにくい文章になっていないかをチェックできます。
※校正(直してしまう)ではなく、チェック(アラートを出す)機能なので、自分の目で言い回しやミスを確認できます。

文章校正支援ツール

原稿用紙のイメージに下書き出来る縦書きエディタ

紙面になった時の仕上がりイメージがわかりやすくなるよう、縦書きで下書きできる「縦書きエディタ」を搭載。原稿用紙のようなイメージで、1行の文字数や全体の文字数を設定して文章が入力できます。

原稿用紙のイメージに下書き出来る縦書きエディタ

フォント選びがかんたん「リアルタイムプレビュー」

フォントやサイズを選択するときに設定前にリアルタイムで確認ができます。設定結果がその場で確認ができるので、紙面編集の作業がスムーズにできます。
※リアルタイムプレビューの対象はツールバーのフォント、フォントサイズのみとなります。

リアルタイムプレビュー

見出し、写真、記事が別の紙面でも使える

いちど紙面で使った見出しや写真、記事を「パーツパレット」でひとまとめにしておけば、別のテンプレートや紙面でも利用することができます。定期的に発行する新聞やフリーペーパーなどの素材管理に便利です。

見出し、写真、記事が別の紙面でも使える

はじめてでもかんたん!3ステップ

はじめてでもかんたん!3ステップ

はじめてでも安心の入門パッケージ!「書籍セット」もラインナップ

新聞作りのコツやノウハウをかんたんにマスターできる書籍、「パソコン編集入門」(日本機関紙出版センター発行)が付属しています。新聞作成のポイントや『パーソナル編集長Ver.12』を使った作成方法を丁寧に解説しているので、新聞作りを一からマスターしたいという方や、はじめて「パーソナル編集長」を使う方にオススメです。

書籍セット