カートを見る

ご購入商品の決済、発送、ユーザー登録・サポートなどの業務はソースネクストが行います。詳細はこちら

ホーム>筆まめでぃあ>年賀状作成ソフトは年中活用!>[第4回]『筆まめ』だけの「おつきあい管理」機能 シェアツイート

ITライターが検証 年賀状作成ソフトは年中活用!

[第4回]
『筆まめ』だけの「おつきあい管理」機能

年賀状作成ソフトは年賀状を出すためだけのソフトではなかった! 発売されたばかりの『筆まめ Ver.27』を試してみて、数年ぶりに年賀状作成ソフトに触れたITライター太田が、その多彩な機能を徹底レポートする本連載。最終回となる第4回は、『筆まめ』だけの「おつきあい管理」機能をご紹介する。

PROFILE

太田百合子IT・モバイルライター

雑誌、WEB等で、スマートフォンをはじめとするデジタルガジェットの選び方、使い方、楽しみ方に関する記事を執筆。

トップに立つ人に共通しているのは、つきあいを大切にしていること

ライターという仕事上、これまでたくさんの人を取材してきた。大手企業の経営者からスタートアップの若きCEOまで、企業のトップを取材する機会にも恵まれたが、彼らに共通していたのが人脈、つまり人との出会いや、つきあいをとても大切にしているということだ。ある会社の社長さんは「私の仕事は顔をつなぐこと」と話していた。大切な縁をつなぎ、途切れないようにしていけば、やがてその縁がビジネスを良い方向に導いてくれるというわけだ。その社長さんに愛用の手帳をチラっと見せてもらったら、いつ誰に会ったかはもちろん、相手の近況やどんな話をしたかまで、細かい字でびっしり書き込まれていた。毎日たくさんの人に会うので、忘れないようにメモしているという。取材時にもなにやらメモをとっていたが、数日後、そのときのやり取りについてひと言添えた、ていねいな手書きのお礼状が届いてとても驚かされた。

私も一応フリーランスとして仕事をしているので、人脈の大切さは身に染みて分かっているつもりだが、頭では分かっていても、あの社長さんのように実際に行動に表さなければ、相手にはなかなか伝わらない。社長のようにこまめにお礼状を出すのは難しくても、せめて年賀状くらいは、相手を大切に思う気持ちが伝わるものにしたいと思う。その際に役立ちそうなのが、年賀状作成ソフトのなかでも、『筆まめ』だけに搭載されている「おつきあい管理」機能だ。

この連載の第1回でも少し触れたように、『筆まめ』には、一人ひとりの相手とこれまでどんなおつきあいをしてきたか、個別に管理できる機能が備わっている。その人といつどんな要件で会ったのかを「コンタクト履歴」として、メモしておくことができるのだ。さらにこの機能が秀逸なのは、個々のつきあいをビジネスとプライベートに分けて登録できる点。例えば同じ相手に、ビジネスシーンで会うこともあれば、プライベートで一緒に食事をすることもあるだろう。ビジネスとプライベートを分けておけば、年賀状に添えるひと言を、会社へ送るときはビジネスシーンでの話題に、自宅へ送るときはプライベートでのエピソードに──といった使い分けが可能になる。

「おつきあい管理」は「カード編集」メニューから起動できる。いつどのようなイベントで会ったのか、イベントと日時、相手を指定して登録するしくみ。種別は「プライベート」と「ビジネス」が選べるようになっている。備考欄に簡単なメモができるようになっている。

「また今度ぜひ!」のような社交辞令的な文言ではなく、過去のおつきあいにもとづくひとことを添えることで、このつきあいを大切にしたいという思いが、相手により伝わるはず。また備考欄にそのとき話したことや、行ったお店などをメモしておけば、次に会うときの参考にすることもできる。前述の社長さんには到底足下にも及ばないが、「おつきあい管理」を活用することで、私も多少は縁をつなぐことができるのではないかと期待している。

オプションで大人のおつきあいに欠かせない贈答の記録も保存可能に

なお、この「おつきあい管理」機能にはダウンロードして追加できる、「筆まめ贈答管理ツール」というオプションも用意されている。筆まめネットにて540円で購入できるこの追加機能では、「おつきあい管理」に加えて贈答品の授受についても管理することが可能。言うまでもなく、いつ何を贈って何を頂いたかメモしておくことは、大人のおつきあいではとても大切なこと。頂いた金額に見合うお返しをするという意味でも、お中元やお歳暮のマンネリ化を防ぐという意味でも、大変役立つツールなのでぜひ活用したい。

筆まめネットストアで、筆まめ関連製品として販売中の「筆まめ贈答管理ツール」は、参考価格1,080円のところ、優待価格540円でダウンロード可能。インストールすると「おつきあい管理」に「贈答の記録」というタブが追加され、贈答のやり取りを記録できる。受け取ったor贈った日と贈答の名目、品名、金額を記録することが可能。備考欄にメモを残すこともできる。

年賀状のシーズンだけでなく年中使えて、しかも大人のおつきあいに役立つ機能が満載の『筆まめ』は、私に年賀状作成ソフトの驚くべき進化を教えてくれただけでなく、縁をつなぐおつきあいの大切さを、改めて考える良いきっかけをくれた。これからもどんどん活用して、大人力を高めていきたいと思う。

文/太田百合子

筆まめ最新版を購入する

バックナンバー

[第3回]『筆まめ』の画像処理機能は管理も加工もお見事

[第2回]「筆まめクラウド住所録」と「Web筆まめ」が大活躍

[第1回]実は年中使える年賀状作成ソフトの活用術

  • 筆まめ最新版はコチラ